Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

子どもでも花粉症になる?恐怖の時期到来

calendar

本日で2月も終わり。
明日は全国的に天気が崩れ、それを機に暖かくなるようです。
ニュース番組では桜の開花情報も発表されていました。

そして・・・

この時期になると始まる恐怖の「花粉情報」

ワタクシ、バツイチパパも花粉症持ち。
既に目がシパシパしはじめ、鼻水もズルズル出てきました。
別れた元奥さんも花粉症持ちだったので、こうなると怖いのが
子供たちが花粉症になってしまうのではないかという事。

調べてみると、子供の花粉症も年々増えているようで
5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%と大人とほとんど変わらない
発症率とのことです。(データの元出は鼻アレルギー診療ガイドライン 2016)

では、2歳や3歳の幼児はどうだろう?と調べてみると
インフルエンザの流行時期とも重なるので、なかなか判断が難しいようです。

スギ花粉の時期に熱がないのに、くしゃみや鼻水が止まらない場合は
スギ花粉症を疑った方がいいそうです。
ということは幼児でも花粉症になってしまうのですね・・・かわいそう。

私が子供の時は花粉症がそこまで認知されておらず
学校にボックスティッシュや目薬を持っていくと
「なんだ、こいつは!?」という目で見られていました。

幸い友達が多かったので、それが原因でいじめられたりはしなかったですが
この時期は医者に行っても症状が治まらず、ツラい思いをしていました。

そして、どんなに辛くても学校も会社も休む理由にはならず
五感を失いながらも通学・通勤をしていました。

東京都が10年ぶりに発表した花粉症患者実態調査報告書(平成28年度)では
なんと都民の48.8%が花粉症という数字が出ていました。
10年前の調査から20ポイントも上昇したそうです。

ちなみに平均発症年齢は27.5歳、低年齢化、ハウスダストアレルギーも顕著になっているようで。

幸い娘を見ている限りでは、まだ花粉症ではないようです。
親として注視しながら、発症しない事は祈るばかりです。

本サイトを見ている花粉症の方々。
辛い時期ではありますが、一緒に乗り越えていきましょう!

 ※杉を見るのはつらいので、写真は桜にしております。(せめてもの抵抗・・・)