Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

2018年9月バツイチパパ防災対策をする

calendar

今回の台風・地震によって亡くなられた方にはお悔やみを、
被害にあわれた方にはお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧、復興を願っております。

私の住むエリアでもニュースで報道がある地区程ではないですが
今回の台風により、ところどころで被害がありました。

ここ数年、日本全国で自然災害が多い。
防災対策の意識は持ってはいたのですが、今回の台風は娘と一緒に
過ごしている時間に暴風・豪雨になったので、その意識を一層引き締めました。

自分は子供たちを守れるだろうか。

そして、その前に災害が起こった時、傍にいるのだろうか。
自然災害はいつ起こるかわからない。

子どもと離れて暮らしている親のジレンマでしょうか。

今回の台風時は娘と一緒にいました。
リビングの大きな窓は雨戸を閉めていたので、大粒の雨がたたきつけられる。
その大きな音にびっくりした娘は

「ぱぱぁ、〇~ちゃん、こわいよぉ」

こういいながら、私の傍を離れませんでした。

娘にとって私は「アンパンマン」だそうです。
もちろん、子供達を守る為なら身体もはるし、すぐに駆け付けます。

でも・・・今回クラスの災害だったら・・・
果たして子供達の元へ駆けつけることが出来るのだろうか・・・

ネガティブな気持ちを遮断するように、娘を抱きしめ
出来うる限りの防災対策をしておこうと、娘が寝てから手帳にまとめました。

メモ書きはスマホのアプリを使うことが多いのですが
大事なことは手帳へ書くようにしています。
手帳であれば、停電が起こっても電池を消耗せずに確認出来ますしね!

水やウェットティッシュ、キッチンペーパー、電池、非常食など買い足すものを書き出し
今、持っている充電式ラジオ&ライトの動作確認や非常食の賞味期限をチェック。
常備薬も普段使いとは分けて用意してあります。

我が家は収納が豊富なスタイルの家なので、外置きのタンスなどはありません。
食器棚なども備え付けタイプで、地震時はロックがかかるようになってます。
それらの確認をしつつ、倒壊するような物は今回を機にしまいました。

本当に怖い地震や台風などの自然災害。
子どもを守る親として、出来うる限りの準備・対策は
今後もしていこうと改めて感じています。