Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

4歳の娘と川崎市:藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました

calendar

reload

4歳の娘と川崎市:藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました

「ドラえもんとドラミちゃんに会いたい」

唐突に4歳の娘が要求をしてきました。
こちら側としては夏にテレビ朝日で沢山のドラえもんと会ってきたじゃないか!と
言いたくなる気持ちを押し殺して「そうだね~」と相づち。

 その時の記事はこちら
 4歳と7歳と一緒にテレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りに行ってきました

その後、4歳児の連続攻撃がはじまる。

「ドラえもんに会いたいなぁ」

「ドラミちゃんと写真が撮りたいなぁ」

「しずかちゃんとお風呂入りたいなぁ」→!?

段々と実現が出来ないレベルの要求になってきています。

しょうがないなぁとスマホで「ドラえもん イベント」と調べると
プリキュアやポケモン(ピカチュウ)、アンパンマンとは違い、
関東圏内では六本木にある『テレビ朝日』か
神奈川県川崎市の『藤子・F・不二雄ミュージアム』くらいしか
選択肢はないのがドラえもんでした。

六本木は行きたくないなぁと思い、川崎市のミュージアムを調べると
ジブリの森美術館と同じく、ローソンで購入出来る日時完全指定入場券のスタイル。

入館料は・・・

 ●大人・大学生1,000円
 ●高校・中学生700円
 ●4歳~小学生500円
 ●3歳以下無料

まぁ、中で色々とお金はかかると思いつつも、チケットが取れればいいかなぁとローチケにログイン。
ジブリはなかなか取れなかったので、どうなんだろうとも考えましたが、なんとアッサリ取れました。

ということは、もしかしたらつまらないのかも・・・と。
しかし、ドラえもんとドラミちゃんはモニュメントがあり、写真も撮れるようなので
子供だましだが、そのくらいでいいかなと行く事にしました。

・・・で、行った感想。

1F,2Fの展示ルームは写真撮影不可。
ここは原画などが中心なので、大人向けスペース。

色んなところで紹介がされてるきこりの泉に落ちた
綺麗なジャイアンは2F展示スペースの奥。
外のスペースになるので、写真撮影は可能です。

2Fはドラえもんのモニュメントがある漫画スペースや
キッズルーム、ドラえもん・ドラミちゃんの
巨大ガチャガチャ、デジタルツールと融合した
野比家のジオラマが置いてありました。
個人的にはここが1番盛り上がっていたような気がします。

3Fはレストランと屋上広場(広場)は外。
ドラえもんとおなじみの公園ドカン、
映画のび太と恐竜に出てきたピー助に乗った
ドラえもん&のび太は写真撮影の列が用意されてます。

ドラミちゃんやその他のモニュメントは
列などの用意はなく、自由に撮るスタイル。

最後に1Fのお土産ショップを通り、出口。
普通に満喫しても2〜3時間ってとこですね。

近くにコインパーキングもあるし、
登戸駅からのバスもあるので、行きやすいスポットかなと思います!

コインパーキングはほとんどが20分200円でした。