Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

2歳の女の子らしいクリスマスプレゼント

calendar

前回、2歳児が欲しがるクリスマスプレゼントは?で
プレゼントの選び方について私の見解をまとめてみましたが・・・

 2歳児が欲しがるクリスマスプレゼントは?
 https://papamode.com/2017/12/22/age2_xmas/

本番を迎えた≪結果偏≫を今回はお伝えしたいと思います!

バツイチパパ、週一面会交流になるので、クリスマス当日や
一般家庭の子供が寝たら枕元に。は我が家では今のところ出来ません。

こうなると「パパはサンタさんに頼まれてる」のスタイルで行くしかない訳です。
しかし、2歳の娘。そんな事は理解できるはずもなく。

道中で「サンタさんから〇〇(子供の名前に)にって、パパ聞いてるよ~」と話しかけると
「タンタ?シャンタ?だれ~(コキンちゃんの真似)」をして聞いてます。

車の窓からは店舗前に立つサンタのバルーンやモニュメントが多く
信号で止まる度に「だれ~?」と指差し「サンタさんだよ」と答えると
「シャンタ!シャンタ!」とはしゃいでいました。

おそらく娘の中では赤い服を来た、ひげのおじいちゃん=サンタと
イメージが出来たのではないでしょうか。めでたし、めでたし。

さて、お店に着いて買い物です。
姪っ子のリクエストも聞いていましたが、まずは娘のから。
おそらくピカチュウのぬいぐるみだと思ったので、決め打ちで売り場に向かいます。

「ピカ!ピカチュウ!!かぁいい!!」

娘はようやく家にピカチュウを連れていけると、とても嬉しそう^^
ピカチュウのぬいぐるみを手に取り、姪っ子のリクエストを探しに行きます。

すると・・・

娘のピカチュウよりも豪華なんですね、見栄えが。
リカちゃん人形の関連商品だったのですが、色々入っているのです。
なので、娘にもおままごとみたいな事が出来るものを
もうひとつ買ってもいいかなと思ってしまったのです、これが運の尽き。

クリスマスなので、店は色々なおもちゃを手に取って遊べるように
いつも以上に出しています。それに群がる子供たち。

我が娘は・・・まさかのシルバニアファミリー。
今まで前兆もなかったのに、まさかのシルバニアファミリー!!
(大事な事なので2回書きました)

挙句の果てには陳列されてる箱を指差し、「パパ、こえ、こえほし~」と連呼します。
先ほど感動の再会をしたピカチュウが泣いています。
「ここまできて、連れて帰ってくれないのか?」と声なき声が聞こえます。

結果、シルバニアファミリーとピカチュウを購入しました。

プレゼントを選んでいるときになんとも元気そうな声で
「当店ではNintendo Switch在庫あります。まだ余裕がございます!」のアナウンスが流れ
それを聞いた子供たちが「パパ~、Nintendo Switchあるって!買って~!クリスマスだし~」と。
はしゃぐ子供と青ざめる父親の光景を何組か見てしまいました。

そして「ピカチュウとシルバニアファミリーなら安いものか」と思ってしまったのです。

家に帰ってからはピカチュウ役として、おままごとに3時間付き合わされました。
ピカチュウなので、もちろんセリフは「ピカ。ピカチュウ。」のみ。
人格が崩壊するかと思いました(笑)

パパとしてのクリスマスは本当に大変。
それを年々実感してきた今日この頃なのでした。

最後に・・・

夜にケーキを食べた時の「パパ、あーがと」と不意に言われた時、
思わず涙腺が緩んでしまったのは、歳をとったからですかね^^