Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

5歳の『なんで?』に『なんでだと思う』と返すと

calendar

以前3歳児の「なんで?」に対しての記事を書いた事がありましたが
4歳~5歳になると、その頻度は半端なく、並大抵の説明では納得しない(笑)

仕事上、インプット/スループット/アウトプットの重要さを
社内で若手社員たちに説いている立場として、
あの手この手でわかりやすく説明をしていましたが・・・

 ▶3歳児の口癖?『なんで?』攻撃

5歳になり自我も固まり、幼稚園に通い少し逞しくなった娘は
こちらの言葉尻をとって、更に「〇〇って、なんで?」と
重ねあてをおみまいしてくれます。

そこで取った策が「〇~ちゃんはどう思う?」のオウム返し。
すると、娘は「う~んと、〇〇だからじゃない?」と
自分なりのしかも正解に近い回答を出すように。

これに「お~、そうかも。すごいなぁ~」と返すと
「〇~ちゃん、めいたんていだから」とドヤ顔。

めいたんてい、名探偵。

「コナンくんみたいだね!」と更に誉めたてると
「ぱぱには、わたしがおしえてあげるからね」と更にドヤ顔。

自分で「なんで?」と問い、自分で考え、自分で答えを出す。

まさに子育てで答えを教える「ティーチング」ではなく、
答えを導き出す「コーチング」を使った瞬間なのでした!

子供の成長って早いです。
これかもどんどん大きくなり、親離れしていくのでしょう。

嬉しいけど、ちょっと寂しい。

よく聞く言葉ですが、本当にそうだなと感じる今日この頃です。

 ▶ティーチングとコーチングの違いはこちら(別サイトへリンク)