Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

2歳とする節分。豆は食べても大丈夫?

calendar

日本の文化、2月の行事である節分。
昨年は別居、離婚協議もあってバタバタしていたので
節分を感じる事は全くありませんでした。

子供達はどうなるのか?
買ったばかりの家をどうしようか?
修復は無理そうなので、バツイチになるのか・・・

こんな事ばかり考えていた気がします。

今年はすっきりしている事。
ちょうど娘が来た日が節分だったので

「日本の文化を教えよう!」

こう思い立って、スーパーで豆を買ってきました。

その前に2歳児は豆を食べても大丈夫か?と
インターネットで調べてみましたが、餅つきの時と同じく意見は様々。

結果、わが娘はまだ豆は早いだろうと判断し
巻くのは豆で、食べるのはラムネを与えました。

「鬼は外、福は内って言って豆を巻くんだよ」

こう説明をすると、娘は「うんうん」と真面目に聞いてます。

「豆は喉にえっってなるから、パパにちょうだいね」

わかっているのか、わかってないのか、ここでも「うんうん」

豆まきの動画を説明前に見せていたので、
早く巻きたくて仕方のない様子の娘でした。

「おにぃ~そ~とぉ、ふぅ~はうちぃ~」

掛け声はぎこちないですが、しっかりと豆は巻けていました。

「ぱぱぁ~、たのしぃ!」

独身時代はほとんどやっていなかった節分。
子供が出来ると、こうした日本文化をやるようになるんですね。
不思議です。とても不思議な感覚でした。

世界を見てみると、各国に伝わる伝統や文化は
親がしっかりと子供に伝承しているのが強い気がします。

どんどん簡略化していく文化もありますが
自分の子供が孫にしっかりと伝えていく事が出来るように
しっかりと見つめなおして、正しく伝えていこうと思います。