Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

アンパンマンと娘の成長

calendar

reload

アンパンマンと娘の成長

そうだ~おそれないで~みんなのために~♪

とても有名なこのフレーズ。
そう「それいけ!アンパンマン」のオープングソングです。

我が家の娘もアンパンマンが大好き。
「親はノイローゼになる」と若干の脅しを妹や知人から受けていたので
なるべく遠ざけていたのですが、いつの間にかハマってました。

確か1歳半くらいの頃だったような・・・

最近では家に来るたび、テレビを指差して

「アンパンカン!!」

「おわったった~><もっかい、みう!」

こんな感じでエンドレスリピートをされています。
週一とはいえ、それに付き合っている私も
そらでアンパンマンのキャラクター50人は言えるようになり
会社で軽く称賛を浴びました(笑)

中でも好きなのが「ドキンちゃんとコキンちゃん」
自分がコキンちゃんで、仲良しである姪をドキンちゃんに見立てているようです。

色んなぬいぐるみがある我が家ではありますが
ドキンちゃんとコキンちゃんのぬいぐるみだけは
パパ以外には貸さないようです。(←母が言ってました)

ある時にアンパンマンキャラの肩にかけられる
小銭入れを「かぁいい」とねだってきました。

アンパンマンをはじめ、一番最初に好きになったばいきんまん、
カレーパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナちゃんに
ロールパンナちゃんとバラエティ豊か。

そして、ドキンちゃんとコキンちゃんもいます。

全部を買おうとした娘をなんとかごまかしましたが
ドキンちゃんとコキンちゃんの2つは離しません。

いつもなら「バイアイ」といって諦めるのですが
今回だけは譲らない。大泣きしていました。

「これは単なるわがままじゃないのではないか?」

そう考えた私はひとつ¥1,500の財布を2つ買いました。
これで週明けのランチは少し我慢です。

同じものを2つ買う。

店員のお姉さんも笑いながら「大変ですね」と
「パパにありがとだね」と言ってくれました。

娘はありがとうとごめんなさいを言う時に
首を曲げて笑顔を見せます。
この礼儀は私が一番初めに教えました。

失敗はしてもいい。
元気に育って、やりたい事を見つけてくれればいい。

しかし!

ありがとうとごめんなさいを言える人になってほしい。
これだけは親になるとわかった瞬間から、心に誓っていました。

この時は私と店員のお姉さんに向けて、その仕草をしていました。
嬉しいなぁと親心に響きましたよ・・・

車に戻ると、すぐにお留守番をしていた
ドキンちゃんとコキンちゃんの人形を抱きしめ
「パパ!」とさっき買ったばかりの袋を
「開けてくれ」と言わんばかりに叩いています。

「おうち帰ってからね」と言うと「おうち、いこ」と
早く車を出せと言わんばかりに足をバタバタ。
やっぱりおねだりだったのかなぁと考えましたが
家に帰って、何故2つ欲しがったのかをわかった気がしました。

娘はドキンちゃんの人形に「あい、きんちゃん」とドキンちゃんの小銭入れを
コキンちゃんの人形に「あい、こきんちゃん」とコキンちゃんの小銭入れを渡しました。
そして「おそろい」と笑いながら手を叩いてました。

娘の2歳の誕生日に買ったドキンちゃんとコキンちゃんの人形。

家に置いてあるので、週に1回しか会えないけど
彼女にとっては大事な家族なのかもしれません。

息子には会えてない私ですが
「この子がお姉ちゃんなら大丈夫」
と、心の底から思った1日でした。

いつの日か娘が大人になって親になった時に
「ママが小さい頃に大好きだったドキンちゃんとコキンちゃん」と
孫に見せれるように綺麗に大事にしていこうと思いました。

私の母親がしてくれたように。