Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

娘とファッション(2歳児編)

calendar

今日は子供服、ファッションのお話。
子供が小さい時のファッションは親の影響が出る事は当たり前ですが
我が家の場合はなかなかに面白い事が起きています。

2歳半の娘はパパである私と姪っ子の服を真似たがります。
姪っ子の服は母や妹がお揃いで買ってくれるのでいいのですが
私の服はなかなか合わせるのが難しい。

なので、色合いだけを合わせるようにしています。

そして、着替えるのが大変です。
基本的に私のとこに来るときは夜の着替えもセットにしてもらってますが
正直、向こうの一家のファッションセンスは皆無に等しい(笑)

どこをとっても「何故、そのチョイス?」と苦笑い。
色んなとこで笑われているらしいので、やはりズレているのでしょう・・・
・・・と、この話題はこれくらいにして。

我が家に来ると娘は着替えを強要してきます。
「〇~たん(自分のこと)、こえ、きう」(これ、着る)

時にはわざと水をこぼして「あ~ぁ、あ~あ~」とアピールしてきます。

洗濯物が増えるだけなので、わざとこぼすのは勘弁してほしいのですが
オシャレな服に着替えたいという、小さいながらも芽生えている(いるのか?)
女心に成長を感じるとともに、大きくなった時の我が財布の心配もしたりと・・・

私は仕事の関係上、あまり恥ずかしい恰好は出来ません。
スーツもシャツもネクタイも小物も、それなりに選んで購入します。

父や母もファッション関連の業界に近い人物でしたし
仕事を始めた時についてもらった上司や先輩がとにかく清潔感があってオシャレだった。
厳しいダメ出しを受けながら、なんとかセンスを磨いてきた社会人人生。

しかし!

それはあくまで自分のこと。

子供の、ましては娘=女の子の事となるとまるで勝手が違います。
色合いでごまかしつつも、料理と同じで色々と調べ、試行錯誤しながら
コーディネートを娘と楽しんでいます。

「パパ、だっさい!」

数年経ってこう言われないように、自分磨きもしっかりしつつ
娘のオシャレに付き合って、しっかりとカメラで記録に残していこうと思います!