Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

2歳の花見、5歳の花見。迷子から見る注意点。

calendar

reload

2歳の花見、5歳の花見。迷子から見る注意点。

天気の良かった3月最後の土曜日。
この日は娘と姪っ子(5歳)を連れて花見に行きました!

確か去年は週末があまり天気が良くなく
写真は撮ったけど、花見らしい事はしていない。
と、いった感じだったので、花見らしい花見ははじめて。

お姉さんである姪っ子は娘に対してしきりに
「さくらだよ~、きれいだね~」と桜を指さして教えていましたが
当の娘は「きれ~」といいながらも、お菓子をもぐもぐ。
桜よりもお弁当やお菓子、出店が気になって仕方ない感じでした(笑)

さて、花見。
今回は天気もよく、去年よりも多くの人が花見に来ていたのですが
そうなってくると、子供達にも危険がいっぱいです。

大人の楽しみ方をしているグループもいれば
少しお酒に飲まれてしまっているグループもしばしば。
ただでさえ人が多く、保護者自身も通常以上に大変ですが
決して、子供達から手を、目を離してはいけません。

実際に迷子になって泣いている女の子がいました。
娘と姪っ子の手を繋ぎながら近くに駆け寄り
腰を落として「どうしたの?パパとママは?」と聞くと
「まま、いなくなっちゃったの・・・」と。

年齢を聞くと4歳。
ちょうど娘と姪っ子の間の年齢。
人が多く、一緒に来たママやその友たちとはぐれ
キョロキョロしながら泣いていました。

すると、娘が自分の持っているお菓子をあげ
姪っ子はその子の頭を撫でながら
「だいじょうぶだよぉ!まま、みつけてあげるから!」
こう言いながら励ましていました。

なんとも心強いおなごたち。

警備員の方に声をかけ、町内会?の方たちの力もかり
無事にその子はママと合流をする事が出来ました。

その時に町内会のおばちゃんたちから
「小さい子供を連れてきてるんだから、目を離しちゃダメ。かわいそうだったよ」
こう言われ、しきりに謝っていました。

「本当にありがとうございました」

しっかりと御礼もでき、女の子にも「ごめんね」と謝っていたママさん。
確かに迷子になってはしまったけど、しっかりとこうした礼節が出来るのは
本当に素晴らしいし、この子はしっかりと教育してもらえるんだろうなとも感じました。

「あの子、ママにあえてよかったね~」「ね~」
笑いながら言う姪っ子の言葉に、同じく笑いながら相槌をうつ娘。

ちょこまかするから、迷子予備軍にもなりかける2人だけど
そこは保護者であるワタクシたちがしっかりしないといけない。
改めて、そう感じた今回の出来事でした。

お花見は楽しいし、大人もついハメをはずしちゃいがちではありますが
小さな子供を連れていく場合は、子供ファーストで楽しみましょう!
写真を撮るときも周囲に配慮しながら、譲り合いの精神で。

みんなで楽しく、事故なく、1年でたった数週間の桜を楽しみましょう!!