Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

2歳のおしゃべり。2歳前半と後半の成長具合。

calendar

reload

2歳のおしゃべり。2歳前半と後半の成長具合。

2歳の娘ももうすぐ3歳。
最近は天気が悪かったですが、春を感じた週末。
「もうすぐ3歳かぁ~」と感慨深くなってしまいました。

バツイチの子育て。
週1回だとしても、父親として出来ることをしてあげたい。
2歳の1年は「おしゃべり」を沢山した思い出があります。

2歳前半の頃は「少し言葉が遅いかも」と言われていた娘。
しかし、子供の成長は早く、驚くべきもの。
今では「女の子だね~」と言われるくらいのおしゃべりに。

「ぱぱぁ~、ちょっときぃてぇ~(きて~)」

「ぱぱぁ~、じぃじにあいたい」

「〇~ちゃん(自分のこと)、りんごたべたい。ぱぱ、りんご~」

二言文、三言文と言っていた時が既に懐かしいです。

 二語文、三語文って?

言葉を教えるのに、色々と工夫をしていましたが
やはり大事なのは同世代や少し上くらいの子供と触れ合うこと。
我が家の娘の場合は姪っ子でしたし、姪っ子の場合は3つ年上の従姉妹の存在が大きかった。
まだ0歳の息子を導く役は娘が担ってくれるのでしょう。

通じてない時もあるのですが、子供はそんなのかまいっこなし。
自分の言いたいことを言葉にして発します。
2人がかりで話をしてくると、もうわけがわからない状態(笑)

そんなのを繰り返す中で姪っ子も成長をし、その姿を見ていた
娘もどんどん言葉を覚え、成長をしていきました。
姪っ子には本当に感謝です。

個人的には絵本を読んであげるのも大事だと実感をしました。

デジタルツールが当たり前のようにある時代ではありますが
親子で一緒に絵本を読む。そして、言葉を伝えていく。

自己満足かもしれないけど、そういうコミュニケーションが大切だし
きっと子供の身になって、言語力、表現力の成長に繋がっているんだと思います。

自分たちが子供時代に親が当たり前のようにしてくれたこと。
絵本しか物がなかった時代だからこそ、当たり前だった親子のコミュニケーション。

少なくはない小さな子供が犠牲、被害者になる事件を見るたびに
「親子として当たり前のコミュニケーションは取れなかったのかな」と考えてしまいます。
仕事は大変、人間関係は大変、生きるのはみんな大変。だけど・・・
一緒に絵本を読んで喜ぶ娘の笑顔を見ると「パパ、負けないからな!」って自分は力をもらうから。

・・・また、話が脱線してしまいました。
そんなこんなで娘のおしゃべりの成長具合、日々うなぎのぼり中であります!