Papa Mode

パパモード|バツイチパパが子育てを通して学んだ事や育児あるあるを備忘録的にまとめています

3歳の女の子はおしゃべりでおませ(3歳前半編)

calendar

reload

3歳の女の子はおしゃべりでおませ(3歳前半編)

3歳になってから、約1ヶ月が経ちました。
先日も言葉の発達について書いたばかりではありますが
本日も同じようなネタを。。。

バツイチで別居をしていると、子供達と過ごせる時間は少ない。
会った時こそ、少しでも子育てに貢献出来ればと思う気持ちはあるけど
日々の仕事などを乗り切った週末、体がキツイ時も多々あります。

しかし!

娘は成長盛りの3歳。
語彙数を1,000を超える!を実践するからのごとく
恐ろしいスピードでおしゃべりに、そして、おませになっていきます。

電話のおもちゃを耳にあて
「じぃじ~、〇~ちゃん、〇〇〇だよ~」
(なぜか、あだ名と本名を2回いう。そして、足はクロス、手は腰に)

「あのね~、アンパンマンの▲▲▲、ほしいのぉ~」
(CMで流れているおもちゃを指して、アピール)

そして、ある時は自分の部屋でクローゼットをあけ

「〇~ちゃん、あかのきたいなぁ~」
(お気に入りのワンピースをピンポイントで見つける)

そして、悪いことをして、それを私に見つかったとき

「ぱぱぁ~、たいへん~。。。」

そかそかと片付けている私に抱き着いてきて

「〇~ちゃん、パパ、だいしゅき♪」

どこでこんなテクニックを覚えてくるのでしょう。
私に絵を描くスキルがあれば、ぜひ漫画にしたい!

会うのが週末なので、少なくとも1週間ぶりになる訳ですが
会う度にパワーアップしている気がします。

私の父親は月1回くらいのペースになるので

「すごいなぁ~、どんどん成長するなぁ」

と、目を丸くしています。

幼馴染みのパパ友は長男が男の子だったので、そこまでの変化はなかったとか。
まだ1歳の長女がそんな成長をするのか!と今から楽しみと言っていました。

毎日一緒に過ごしていたら、どう感じるのか。
少しばかり、寂しい気持ち、羨ましい気持ちになってしまいます。。。

でも!

娘には寂しそうな、悲しそうな顔は見せたくありません!!
この成長過程を楽しみながら、パパとして愛情を注いでいきます!

それにしても・・・可愛いなぁ^^(←親ばかですみません)

全然記事とは関係ないですが、サッカー日本代表!
ロシアワールドカップの初戦コロンビア戦は先制→同点→勝ち越しのドラマ。
はじまる前のこの試合も色々あったけど、勝ちは雰囲気をガラリと変える!
選手たちは試合後、表情もコメントも堅かったけど、長友選手くらいでいいのにと思いました。
その長友選手はホテルに戻ってからのクールダウン時に香川選手と
4年前を思い出しながら語らったとか。う~ん、こういう戦友的なエピソードはとても好きです^^

4年前のブラジルワールドカップの時は、娘も息子も生まれてなかったんだよなぁ。
そう考えると、ほんとこの4年間は色々あったとしみじみ思います。